OCNet 外国人とともに生きる大田市民ネットワーク
English Korean Chinese Urdu Spanish
OCNetとは
アクセス
相談
交流イベント
今年の活動
それ以前の活動
大森高校プロジェクト
日本語教室
講座・学習会
募集
リンク
Home>交流・イベント−大森高校プロジェクト

大森高校プロジェクト

■「大森高校プロジェクト」とは

「大森高校プロジェクト」とは、2003年4月から2年間の文部科学省プロジェクト「NPO等と学校教育との連携のあり方についての実践研究事業」に大森高校定時制がOCNetとの連携を行うということで申請し、採用されたもののこと。大森高校定時制とOCNetとが協力しあい、授業及び実際的ボランティア活動を通じて、高校生が「国際理解、多文化共生、国際化、世界で活躍できる資質の獲得」などを考えるきっかけづくりを目指している。



■11.7/6 大森高校教諭、OCNetに来訪しました。

 2003年より始まったOCNetと大森高校定時制とが連携・協力をしておこなう「大森高校プロジェクト」では、 毎年7月に着任したばかりの先生方が研修という形で、OCNetの活動を見学して下さっています。
 ちなみに、今年は7月6日(水)に、5名の先生方がにほんご教室を見学されました。

 にほんごのひろばの各クラスをご覧いただいた後は、質疑応答のほか、地域におけるNPO活動に関することや、外国にルーツのある子どもの教育について意見交換がなされました。

 今年は、学校校舎工事などの関係で、2月に開催していました「国際理解ウィーク」が10月に開催することになるなど、若干の変更はありますが継続して行っていきたいと思いますので、皆さんどうぞよろしくお願いいたします。
 水曜日クラスの皆さん、ご協力ありがとうございました。

大森高校プロジェクト
担当 つるたまさひで


■10.6/3 国際交流部の活動に参加しました。

 今年度の国際交流部の第2回目の活動に参加しました。
 5/31(月)〜の1週間は部活動強化週間ということで、授業時間を短縮して、部活動が19:50〜始まります。 この日は、新1年生の生徒がたくさん参加しました。
  内容は、日本の文化になれ親しもうということで4人1組のグループ作って、百人一首をしました。 先生が、和歌を読んで、カルタの要領で下の句をとっていく本格的な百人一首でした。 古語の表現や、「読み」と書いてある文字が違うことにとまどいつつも、元気よく札をとったりして、楽しんで参加できたようです。 百人一首は難しかったと思いますが、次第に集中して楽しみながら札をとっている様子が印象的でした。
 今年も、大森高校PJは国際交流部の活動に参加協力していきたいと思います。


■10.5/20 2010年度第1回NPO委員会が開催されました。

 大森高校PJも7年目を向かえ、5/20(木)に大森高校定時制とOCNetで第1回のNPO委員会を開催しました。
 今年度の体制が双方から発表され、国際理解ウィークについてのおおまかなスケジュール、運営方法、国際交流部の活動予定などについての意見交換がなされました。
 次回は、6月中旬を予定しており、7月上旬の校内研修(新しく赴任された先生方へのOCNet見学)のことや具体的に 今年度の国際理解ウィークをどのようにすすめるかといった話をしていく予定です。

      写真 国際理解ウィーク2010
        国際理解ウィーク2010 10.0204


●2/2〜2/4 国際理解ウィーク2010が行われました 


日時 2010年2月2日(火)〜2月4日(木)
場所 都立大森高校&ふれあいはすぬま

 2月2日(火)〜2月4日(木)にかけて『国際理解ウィーク2010』が都立大森高校にて行われました。
  『国際理解ウィーク2010』は、大森高校定時制の先生とOCNetの大森高校プロジェクトメンバーが連携をし、昨年4月から準備してきた特別授業です。今年で7回目を迎えました。
 この特別授業は、『であう・ふれあう・かたりあう・地域からの国際理解』を基本テーマにNPO団体や個人の方を特別講師にお招きして国際理解につながる授業を行います。

 

■2月3日(水)2日目

 毎年、2年生はにほんごのひろばに見学にきます。今年は、水曜日のにほんごのひろばを見学しました。
   まず、生徒たちはSクラスからDクラスに分かれ、自己紹介をしました。自分がゆっくりしゃべっているつもりでも学習者が聞き取ることがむずかしいです。また自分たちが普段何気なくしゃべっている日本語を勉強するということがどういうことなのかを実感してもらいました。
 この日はにほんごの授業は1時間の短縮授業にし、8時からみんなで「部屋の四隅」というゲームをして交流をはかりました。生徒たちはなかなか質問ができない場面もありましたが、少しずつ話をしたりしているグループもありました。
 ゲームの後には、その日はちょうど節分でしたので、みんなで豆まきをしました。
 生徒たちは、自分たちの身近に日本語を勉強している外国人の人がこんなにいるのだということにびっくりしている様子でした。「いろいろと日本語の勉強になった」や「めったにできないことなので経験できてよかった」などの感想が聞かれました。

 いきなり高校生が授業に入ったりして、にほんごのひろばの学習者もとまどったと思います。スタッフ、学習者のみなさん、ご協力ありがとうございました。


 詳しい報告はOCNet通信87号(2010/4/1)をご覧ください。

                                                ▲TOP



■09.7/6 大森高校の先生方のOCNet見学が行われました。


      写真 09OCNet見学

 7月6日(月)に大森高校のOCNet見学が行われました。
 新しく赴任された先生を対象に毎年行われているものです。
 前半はふれあい蓮沼にて、月曜スタッフの仁木さんから説明を受けながら各クラスごと順番に見学されました。先生方が熱心に見学されていた様子が印象的でした。
 またお茶の時間にも参加いただきました。お茶の時間では、ちょうど七夕のイベントが催されていました。
 後半は蓮沼の事務所に移動し、代表の鈴木昭彦さんより、OCNetのあらまし・活動内容などを30分にわたって紹介しました。質疑応答では、「区からの支援はあるのですか?」という質問がありました。「日本語クラスについてはありません」との回答に、先生方一同が驚かれていたのが印象的でした。
 新しくこられた先生についてはもちろん、毎年NPO委員会でお世話になっている先生方に対してもOCNetについての理解を深めてもらえたようにおもいました。
 ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。(江田)

■これからの大森PJ

「NPO等と学校教育との連携のあり方についての実践研究事業」は2004年度で終了となっているが、「多文化共生」「国際理解」を活動目標として掲げている私達の活動の大森高校定時制での展開は始まったに過ぎない。この活動を通して、大森高校定時制生徒に「世界」を知るきっかけを提供し、「世界」についてお互い学びあっていけたらなと思っている。 
 今後検討していくこととして、「ボランティア単位制度」の導入、2005年度から始まる「国際理解科目」における連携、日本語を母語としない大森高校定時制生徒に対する「日本語学習」における連携、などがある。OCNet・大森高校定時制双方にとって解決しなければいけない課題はあるが、「多文化共生」「国際理解」の想いを次世代につなげるべく、取り組んでいく予定。


■広報における連携

大森高校掲示板でこれまでの活動の報告をしている。この掲示板を通して、「多文化共生」や「国際理解」に関する話題を提供していこうと考えている。
 また、OCNetが発刊している「OCNet通信」を生徒・教職員に配布している。


■活動記録

2003/4 「NPO等と学校教育との連携の在り方についての実践研究事業」スタート
2003/6/20 大森高校「スポーツ大会」に参加
2003/7/31 OCNet日本語教室「みんなの日」を大森高校で開催
2003/11/8 大森高校定時制学園祭に参加
2004/1/11 OCNet新春イベント「餅つき大会」を大森高校で開催
2004/2/9-13 「国際理解ウィーク」を開催
2004/4 「総合的学習」、学校指定科目「日・中・韓コミュニケーション授業」での連携開始
2004/7/29 OCNet日本語教室「みんなの日」を大森高校で開催


■授業における連携

●国際理解ウィーク

日時 2004年2月9・10・12・13日(10日は公開講座)
内容
 「世界を知る」「地域を理解する」「NPO活動を体験する」の3つを柱に、OCNetと大森高校定時制が連携・協働して、高校生に「国際理解」を深めるための特別授業を実施。この4日間の授業をすべて使う(定時制の授業は4時間目まで)というかなり大掛かりなプログラムとなった。
 OCNetの活動テーマである「多文化共生」を高校生に伝え、高校生一人一人が持っているものを引き出していくと同時に、伝える私たち自身も高校生との出会いの中で新しい気付きを得るチャレンジだった。大掛かりなプログラムだったので多々反省点はありますが、大森高校側からは以下のコメントをいただいた。
「これまでNPOや地域の人たちと連携して、授業を企画したり、教材を開発したりすることがなかったので、とまどいもありました。しかし、国際理解ウィークで普段と違う活き活きとした生徒たちの顔を見ることができ驚いた教職員が多かったです。また、準備の段階からOCNetのスタッフのみなさんとの共同作業においても、会議の進め方から実施の手順まで、お互いの違いも発見でき、勉強になりました。生徒たちは未来をになう存在です。地域と学校がともに連携して育てていくこと、出会いと学びの場の可能性を追求し、提供することが、このプロジェクトの意義だと考えています。」
去年の反省を踏まえて、今年も「国際理解ウィーク」を2005年2月7日〜10日に開催する予定。

写真_国際理解

                                           ▲TOP

●総合的学習「地域(かまた)から世界を知ろう」

日時 2004年 毎週木曜日PM7:30〜8:15
内容
「地域(かまた)から世界を知ろう」というテーマにした総合的が学習のサポートをしている。具体的には、大田区・蒲田ですすんでいる国際化について、生徒達が調べるためのヒントの提示、大田区役所などへのヒアリング調査のコーディネート、まとめ・発表準備のサポートなどを行っている。
 国際理解ウィークを終え、生徒もOCNetのことをだいぶ知ってきて、生徒の姿勢がとても積極的になってきているのを感じている。

                写真_総合的学習

                                               ▲TOP

●学校設定科目・日中韓コミュニケーション授業

日時 2004年 毎週火曜日PM6:45〜7:30
内容
大森高校定時制では学校指定科目として、日本語コミュニケーションA・B、中国語コミュニケーションA・B、韓国語コミュニケーションA・Bが設けられている。簡単に授業内容を紹介すると以下の通り。
・ 日本語コミュニケーション:漢字、仮名、日本語の文法学習と社会・文化などについての自由討論。
・ 中国語コミュニケーション:基本的な中国語会話と中国の社会・文化に関する紹介
・ 韓国語コミュニケーション:ハングル文字の理解、韓国の社会・文化に関する紹介
 (詳しくは大森高校定時制HPをご覧ください)
 OCNetはこれらの授業に直接関わっていませんが、教案作成支援などを行っている。具体的には、2004年10・11月実施予定の特別授業の教案作成補助、講師紹介・依頼などを行う予定。
                                               ▲TOP


■各種イベント・学校行事における連携

●大森高校スポーツ大会

日時 2003年6月20日
内容
 大森高校定時制の学校行事である「スポーツ大会」に学習者・スタッフが参加。スポーツを通した国際交流が大森高校で行われた。これが、「大森高校PJ」の皮切りとなったイベントである。
                                               ▲TOP

●大森高校 学園祭

日時 2003年11月8日
内容
 大森高校定時制学園祭には、過去2回参加しているが、この「大森高校PJ」が始まっての初の学園祭参加。当日は、OCNetの活動を生徒・教職員の方々に知ってもらえるよう、OCNetブースを設けた。OCNet日本語教室で行っている「直接教授法」を体感することを目的に、「中国語」「ウルドゥー語」教室を「直接教授法」で行った。また、学園祭前1ヶ月間、大森高校定時制の部活「コリアンビート部」にOCNet日本語教室学習者・スタッフが参加し、一緒にチャンゴ(韓国の民族太鼓)を練習して、学園祭で発表した。

   写真_学園祭

                                               ▲TOP

●OCNet日本語教室「みんなの日」

日時 2003年7月31日, 2004年7月29日
内容
OCNet日本語教室で行なわれる、第5週のある月にいつもの授業とは一風異なったことをする「みんなの日」。2003、04年7月の「みんなの日」を大森高校の施設を借りて行った。
 2003年は、カルチャースクール。(琴、チャンゴ、コンピューター)
 2004年は、スポーツ大会。
 当プロジェクトでは、大森高校側に場所の提供、生徒への開催の告知のご協力をお願いした。特に、2004年の「みんなの日」では、大森高校生にボランティアスタッフ参加を呼びかけた。これは、OCNet日本語教室スタッフと共に「みんなの日」の企画立案、イベント実施をするもの。参加した生徒は積極的に議論に加わり、当日も精力的に活躍し、とても充実感に満ち溢れていた。

   写真_みんなの日

                                               ▲TOP

●餅つき大会

日時 2004年1月11日
内容
OCNet主催の餅つき大会を大森高校で開催。大森高校には場所の提供、生徒への開催の告知をご協力していただいた。当日は、大森高校生徒、先生も参加し、学習者との交流の場となった。
今回のプロジェクトを通して出来たOCNetと大森高校定時制との協力・連携関係のひとつの成果であろう。
3-3広報における連携
 大森高校掲示板でこれまでの活動の報告をしている。この掲示板を通して、「多文化共生」や「国際理解」に関する話題を提供していこうと考えている。
 また、OCNetが発刊している「OCNet通信」を生徒・教職員に配布している。

       写真_餅つき

                                               ▲TOP



top


Copyrigh(C)2004 OCNet. All rights reserved.