OCNet 外国人とともに生きる大田市民ネットワーク
English Korean Chinese Urdu Spanish
OCNetとは
概要
歴史
組織図
定款
アクセス
相談
交流イベント
日本語教室
講座・学習会
募集
リンク
Home>OCNetとは−概要

OCNetとは−概要

 1980年代に入り、日本には海外から多くの人が働きに来るようになり、さ らに90年代には彼らの定住化が進む現象が生まれています。大田区も例外では ありません。  

 2008年末現在、200万を超える、登録された外国籍市民・移住労働者が 日本に居住する一方で、いわゆる超過滞在者は14万人弱、さらに密入国といわ れる、正規の入国手続きによらない入国・滞在者が、12万前後と推測されてい ます。日本の総人口の1.45%以上が外国籍となっています。大田区の人口は 67万人、外国人登録者は1.5万前後で、朝鮮・韓国、中国、フィリピン、ド イツ、アメリカ出身者が多い現状です。また、区内の小中学校では、両親が、あ るいは親の一方が外国籍である子どもたちが300名前後学んでいます。  このような状況のなかで、日本各地で外国籍住民、移住労働者を支援するグル ープが続々と誕生していきました。そしてOCNetもいくつかの先行グループ に学びながら、92年10月に産声をあげました。

 OCNetは「言語、文化、習慣などさまざまに異なる人たちと、普段の暮ら しの中で交流できる場をつくり出し、広げて行きたい。そしてその中から住宅、 医療、労働、教育など生活のさまざまな面で問題を抱えるこうした人たちととも に考え、解決していく道を目指したい」というのが創設時の趣旨でした。それ以来、 生活・労働相談、日本語教室、それに学習会や各種の催しを3本の柱として活動 を続けてきています。この基本的な考えである「さまざまな国籍、言語、文化を 有する人びとが住む私たちの地域。人びとの間に架け橋をつくり、ともに生きる 社会をきずく」を「互いをお客さん扱いしない、対等な関わりを創造しあう」、 と言い換えることもできるでしょう。 相談、日本語教室、交流事業とべつべつ に行っているグループは数多くあります。しかし、OCNetのように相談も、 日本語など語学教室も、交流イベントや学習会も行っているというグループはあ まり聞きません。このOCNetの特徴と生かしつつ、かつ共生の内実を問いつ つ、今後も地域のなかでさまざまな活動を継続し、利用者のニーズに応えていき たいと思います。


一般社団法人への登記を行いました


 OCNetでは2006年から法人化へ向けての話し合いをしてきました。これまでOCNetは任意団体として活動を行ってきましたが、個人が契約し責任を負うという形から、団体としての契約等へ移行できるということで法人化の検討を積み重ねてきました。  2007年4月の第16回総会で法人登記の件が正式に決定され、2009年1月に登記手続きを行いました。下記に公告として掲載します。

 名称        一般社団法人OCNet
 主たる事務所   東京都大田区西蒲田六丁目16番地1−201号
 法人の公告方法 電子公告により行う http://www.ocnet.jp
 法人成立の日   平成21年1月26日
 目的等    目的
        当法人は、出身国・文化・歴史・言語等の相違を生かし
        つつ、地域に暮らす人々の双方向性・対等性に基づく関
        係を築くことを目的とし、その目的に資するため、
        次の事業を行う。
         (1)多言語生活・労働相談
         (2)通訳・翻訳支援
         (3)日本語学習支援
         (4)交流
         (5)学習・研修
         (6)海外支援
         (7)講座・セミナーの企画・運営
         (8)通訳・翻訳事業
         (9)物販
        (10)出版
        (11)会報の発行およびインターネットホームページの
            運営
        (12)その他上記目的にかかわる事業

 役員に関する事項  代表理事 鈴木昭彦 ほか理事11名
 理事会設置法人
 監事設置法人
 設立         平成21年1月26日登記
 会社法人番号   0108−05−001705







Copyrigh(C)2004 OCNet. All rights reserved.